ジャカルタの面白い画像

 

image

ジャカルタへ出張に行かれた新郎の方に御願いして画像を送って頂きました。

微笑ましくなりますが、日本企業がこんなに進出している事に驚きを隠せませんでした。

image

こちらは綴りの間違いはなさそうです。吉野家は世界ブランドなんです。image

多分、発音だけならそう聞こえます。可愛いですねimage

マヨネーズにHOKUBENとあるので、ほか弁のようです。いいのかなあ。なんか寂しい気がします。image

image

 

かなり楽しめそうな感じですね

こうして日本の企業が、若い日本男児によって進出していくのですね。海外出張の合間に打ち合わせやフィッティングに来てくださってありがとうございます。

ご結婚指の方は出来上がっております。皆様へのペンダント制作の方は少々お待ちください。

 

 

 

㈱佐藤金銀店様から

私が20代のころからお世話になっている㈱佐藤金銀店の社員の方がご結婚指輪の打ち合わせにお見えになられました。以前にイギリス人を連れて工場見学をさせて頂いた時に、快く溶解する様を見せて下さったその方でした。

社長と相談して特別なプラチナにしますか?と問いかけると、いえ、プラチナをパラジウム割で!と即答で答えが返って来ました。プラチナ1000という特殊なプラチナは4℃さんから出ていますね。私は硬くて色の明るいパラジウム割だったり、色の濃いルテニウム割だったりを使用します。

今日は佐藤金銀店様はお休みなので、ファクスで注文を入れておきますね。

ご自分の結婚指輪の材料を溶解されることになるのもなかなか出来る事では無いです、大特急で溶解します、と二人とも素敵な笑顔でした。

ご結婚おめでとうございます。これからも全世界のジュエリー会社や作家を支えて下さい。

 

お母様の指輪を使って

001_R

 

このところシンプルなご結婚指輪が続いております。

お母様がお持ちのプラチナの指輪を使用してご結婚指輪に、とお持ちいただきました。ダイヤモンドを外して持ってみたところちょっとプラチナにしては軽く、色も白っぽい為分析にかけたところ、プラチナの含有率が680ptといった所で刻印の900ptとは異なっていました。一時期、ロジウムメッキを掛けてプラチナ仕上げとした時代がありましてその頃のものではないかと思われます。

これはプラチナだけを取り出して再度精錬し直さなくてはなりません。品位を確かにしなければならないのと、ロジウムが混じりこむとピンホールやクラックの多いプラチナになってしまいます。ロジウムは融点も高く硬度も高いので溶解して混じりこまれるととても厄介です。

バブルの頃は今では考えられない程の希少な宝石や大量の貴金属を使ったジュエリーや工芸品がたくさん作られた事もあれば、皆好景気で楽しい時代だったのでダイヤモンドも鑑定が甘く、含有率をちょっと変えて貴金属の値段を抑えてデザインや宝石で販売をしていた時代でもあったように感じます。

クリスマスまでに仕上げられるよう尽力いたします。

 

 

プラチナの清楚な指輪

図1

 

出会ってすぐにゴールインのお二人。実は花婿は私の旦那の従兄弟になります。旦那側の家系は優しい人ばかり。従兄弟もとっても優しい穏やかな方なので温かい家庭を築かれることと思います。

ご結婚指輪を縁にして多くの方々の指輪のお世話をしております。晩婚(従兄弟さんゴメンナサイ)は非常な良縁が多いです。奥さまは一回り位の年下で明るくて社交的な方です。

宏和君_R

そんなお二人から頂いたオーダーです。プラチナのシンプルで清楚なデザインに決まりました。初めはデパートで見ていたそうですが、親戚に私がいるのだった・・・と急遽私の所へ。私にしてみればついこの前会った時は独身だったのにお腹に赤ちゃんも一緒で心底驚きました。

プラチナの指輪はありふれたロストワックスではなく、インゴット叩きだしなので地金が締まり照りも良いです。鍛造で作られた指輪は量販のものと違います。ダイヤモンドは最高級のものを使用しました。

宏和君2_R

指輪もぴったり寄り添って。

鍛造の指輪も尚呼にぜひお任せ下さい。

どうか親子3人仲良く幸せに!赤ちゃんが生まれたら会いに行きたいです!

 

PT900 ダイヤモンド3石 内側に刻印

ペア15万円(税別)

ご婚約おめでとうございます

以前にお母様の大きなダイヤモンドのご婚約指輪のサイズ直しをしたお客様が、今度は花嫁を連れて御来社くださいました。金のロングチェーンが印象的な白百合の様な方で、一目見てプラチナがお似合いだと思いました。それもそうですね、ご婚約指輪がプラチナなので重ねづけするならプラチナが良いです。

2年前までは幅広の指輪がとても流行ったものです。この頃は細身のご結婚指輪が流行りですね。私も細身の指輪を着けていますが、細いと手先の仕事をしていても気にならないですし、幅広だと私の場合炊事で指がかぶれてしまいます。20代の時に作った幅広の金の指輪が出来なくなって残念です。私の話はともかく。。。。

 

今日は桂彫金塾で満席状態ゆえ、廊下にテーブルと椅子を出しての接客となってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。

お二人ともとってもお洒落で素敵なお召しでいらして下さいました。今頃銀座を楽しく歩かれていることと思います。今回はお二人で指輪を作ることになります。どんなに良い思い出になることでしょう!

まずは梨地仕上げと、鏨を使ったテクスチャーのサンプルをお作りしますね。

楽しみにお待ち下さいませ。

お母様のご婚約指輪を作り変えて

018_R

 

お義母さまの立て爪のダイヤモンドの指輪を作り変えて花嫁のご婚約指輪に致しました。プラチナがたっぷりの指輪です。

全て鍛造で作ったので地金が締まって大変照りが良いです。ダイヤモンドも品質がよく、スカッとしています。

デザイナーの方で普通の指輪のデザインでは無いものにしたいと、このようになりました。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next