尚呼 オープンしました

日本の伝統技術だけで創り上げるオリジナルのご結婚指輪・ご婚約指輪専門の 尚呼 をオープンしました。

尚呼 とは、伝統工芸展で作品発表している雅号です。尚という漢字はそれだけでは意味をなさず、何かの言葉に添えてより強調する意味があり、そのほか純粋とか、貴いという意味があります。結婚指輪の制作にあたっては、おのれを空しくし、皆さんの陰からお二人を強調し、幸せを呼びたい という気持ちでこの雅号を使用しています。

日本の伝統彫金の歴史は世界から見ると新しく、シルクロードを通って輸入品が弥生時代にすでに見られ、飛鳥時代には我国で日本人が作ったものが現代でも残っています。その技術は現代も全く変わる事もなければ、再現が出来ないものも多くあります。現在でも私が師事している桂盛仁先生は柳川派といわれる流派で室町時代から技術が伝えられて現在12代目です。HPの尚呼は、桂先生に書いて頂きました。

尚呼のブログでは銀座での出来事や技術、作品などを主に紹介していきたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10